Meets The World

~世界と出会って、おいしいものと出会って、何かと出会って、自分の可能性と出会う~

マドリード・マデイラ島旅行記⑪ ~4日目フンシャルの街・再びSpotlightへ~

夕食まで少し街をぶらぶらしました。

f:id:meets_the_world:20170921215312j:plain

f:id:meets_the_world:20170921221004j:plain

f:id:meets_the_world:20170921215313j:plainf:id:meets_the_world:20170921221255j:plain

【Cathedral Se】
この大聖堂は、1500年代初めからあるそうです。
熱心にお祈りをしている人やただ静かに座っている人がいました。
神聖で、心が平和になる場所でした。
f:id:meets_the_world:20170921110254j:plain

f:id:meets_the_world:20170921215310j:plain

f:id:meets_the_world:20170921110255j:plain

【Blandy's Wine Lodge】
マデイラワインを売っていました。
試飲したり見学ツアーもあるようです。
f:id:meets_the_world:20170921110258j:plain

f:id:meets_the_world:20170921110259j:plain

f:id:meets_the_world:20170921110257j:plainf:id:meets_the_world:20170921110256j:plain


ちょっと早いけど、晩ごはん何食べよう…
今日で最後のマデイラ島、食べておきたいものは「黒太刀魚の焼バナナのせ」!(^^)!
正式な名称は定かではありませんが、マデイラ島の代表的な食べ物です。
どこにしようかネットで探し出す私の横で、
「母さん、お昼のお店にもう一度行きたい!」
そうだ、確かにおいしかったし、黒太刀魚もあったし、串刺し牛肉もあったし。

再び【Spotlight】へ❤
お昼のお兄さん二人はいなかったけど、笑顔がステキで元気なお姉さんがいました。
エスパーダとエスペターダをオーダー。
似てます(@_@)
ランチで食べなかったマデイラ島のローカルフードの「Bolo de caco」もお願いしました。
「Bolo de caco」というのは、サツマイモの粉が入った平たいパンです。
上下半分にスライスした間にガーリックバターがしみこんでいて、ワインにもピッタリなのであっという間に食べてしまいます。

f:id:meets_the_world:20170921110301j:plain

エスパーダ(黒太刀魚)の焼バナナのせ
f:id:meets_the_world:20170921110303j:plain

エスペターダ(串刺し肉)
f:id:meets_the_world:20170921110304j:plain

焼バナナと黒太刀魚は、結構いい感じの組み合わせでした。
なんといっても、黒太刀魚がおいしいです!
写真ではバナナしか写っていませんが、その下にはしっかり黒太刀魚が!
串刺しの牛肉も、赤身なのに柔らかくてジューシーでした!(^^)!
ナイフとフォークを使って、下に向かってひとつずつお肉を下ろして食べるようです。
力をそんなに加えなくても、スーっと串から外れていきます。
つけあわせはランチと同じサツマイモとジャガイモでしたが、サラダのトッピングが少し豪華になっていました。

ランチのときのお兄さん達がいないのは残念でしたが、またもや大満足で店を後にしました。
全部で37.70ユーロ、充実感あります。
おいしかったね~なんて話をしてたら、、、
「Spotlight」の店長らしき方のお兄さんが、前から歩いてくるじゃありませんかっ(@_@)
もちろん私たちのことを覚えてくれていて、今さっき行ってきたことを話しました。
相変わらずフレンドリーで、「よい旅を!」と言ってくれてお別れしました。

「ホテルまで歩いて帰ろう」と長男が言うので、20時でもまだ明るいヨットハーバー沿いの道を歩いて帰りました。
マデイラ島、いいところやな~、みんな優しくて温かいな~、ゆったり時間が流れるところやな~」
なんてことを言いながら、ホテルに帰りました。
いつまでもここにいたい、そんな気分になるマデイラ島でした。

f:id:meets_the_world:20170921215311j:plain