Meets The World

~世界と出会って、おいしいものと出会って、何かと出会って、自分の可能性と出会う~

マドリード・マデイラ島旅行記⑭ ~6日目セラーノ通り・フラメンコ~

マドリードの高級ブランド街セラーノ通りにやってきました。
サンダルと帽子を買ってもらった長男は、母の買い物にもつきあわねば…と思ってくれたようです。
長男よ、ありがとう!(^^)!

しかし、喉が渇く、、、
炎天下でサッカーする長男は、マドリードが涼しくて快適らしいのですが、私だけ汗をかいています。
高級エリアすぎて、ちょっとした食料品店も見当たりません。
「飲み物だけでもOK?」
とても快く迎えてくれたお店は、
【Biotza Restaurante】
コーラとオレンジジュースをオーダーしただけなのに、ピンチョスがついていました!(^^)!
しかも、初ピンチョスです。

f:id:meets_the_world:20170922153918j:plainf:id:meets_the_world:20170922153919j:plain

お、おいしい~
こんなお店でいろんなタパスを食べてみたい!
http://restaurantebiotza.es/

ハイブランドのお店は素通り、、、
スペインと言えばロエベですが、きっと買わないのでここも素通り。
大きなZARAがあって、ゆっくり買い物させてもらいました。

セラーノ通りにも「エル・コンテ・イングレス」があるので、最後にお土産用の食べ物をガッツリ買うことにしました。
プリングルスの生ハム味が日本未発売で評価高し!
長男の友達やビール好きな人へのお土産にしよう。
栗の名産地ガリシアのマロングラッセはオトナへのお土産によさげ❤
あとはオットが喜びそうなお菓子をポイポイとカートに入れます。

f:id:meets_the_world:20170925111655j:plain

マロングラッセがずっしり重いので、タクシーでホテルに帰ります。
7ユーロでした。

マドリード最後の夕食なので、スペインらしいおいしいものを食べたい!
レストランやバルは、ホテルの周りにたくさんありますがピンとこない…
あちこち歩くのも疲れてきた私達は、またもや同じ店に…
【Las 10 Tapas de Santa Ana

ガイドブックに「おすすめのガスパチョ」と書いてありましたが、メニューを見ても、特に「当店いちおし」感はありませんでした。
ガスパチョ、チキンナゲット、チキンパエリアをオーダーしました。
サングリアとジンジャーエールで乾杯!

f:id:meets_the_world:20170924015256j:plain

冷たいガスパチョはおいしかったです。
長男はガスパチョ初体験なのでちょっと苦手。
チキンを食べたかった長男は、大盛チキンナゲットを食べる食べる…
いや、ちょっと待って。
このナゲットは、こないだ食べたシーザーサラダにのっかってたな。
ナゲットというより、細長い鶏むね肉の唐揚げみたいな感じです。

f:id:meets_the_world:20170924015257j:plain
シーフードは昨日食べたので、チキンパアエリアにしました。
しかし、、、おいしくない(-_-;)
太いインゲンや大福豆のようなものが入っていました。
シーフードパエリアをオーダーした方が、まだよかったかなと後悔しました。

評価をつけるとしたら、同じお店でも前回と今回では全然違います。
このお店の評価が分かれているのも納得です。 

本当に、本当に、マドリード最後の夜になってしまいました。
今から、楽しみにしていたフラメンコへ!
旅行前に調べていたお店もあるのですが、ホテルの隣にタブラオがあり、トリップアドバイザーの評価もいいのでここに決めました。
【Tablao Flamenco Villa Rosa】

f:id:meets_the_world:20170924152816j:plainf:id:meets_the_world:20170924152636j:plain

f:id:meets_the_world:20170924152809j:plainf:id:meets_the_world:20170924152811j:plain

f:id:meets_the_world:20170924152810j:plainf:id:meets_the_world:20170924152813j:plain

f:id:meets_the_world:20170924153708j:plainf:id:meets_the_world:20170924155414j:plain

フラメンコを見るのは初めてでした。
まず、ギターのソロとハスキーで味のある女性の歌声に、みんなのテンションが高まり、3人のダンサーが順番に踊っていきます。
すっごい迫力です!
最初の女性のフラメンコは情熱的で、その踊りに引きこまれていきます。
かわいい顔をした若い女性ダンサーの、床を叩きつける靴音の激しいこと…
繊細なのにダイナミックです。
かわいい顔と躍りの激しさが相反して、目が釘付けになります。
ラストの男性ダンサーのキレのいい踊りを写真に収めることは、素人には難しい…
大満足の1時間のショーは、ワンドリンクが付いて35ユーロでした。

トルコでベリーダンスを見て以来、旅行先では伝統的な踊りを見ることにしています。
日本以外の国から見ると、日本は超異文化であるように、私は長い歴史の中で受け継がれてきた文化にすごく魅力を感じます。

またいつか来るだろう… 来たいな…