Meets The World

~世界と出会って、おいしいものと出会って、何かと出会って、自分の可能性と出会う~

マドリード・マデイラ島旅行記⑬ ~6日目王宮・Chocolateria San Gines~

6日目の朝になりました~
今日もカラッとした快晴です。

今日のお楽しみは王宮です!
ブルボン王朝初代国王フェリペ5世に始まり、代々の国王が暮らした宮殿です。
フェリペ5世は、ヴェルサイユ宮殿を建てたフランス王ルイ14世の孫にあたります。
ヴェルサイユを参考に造られたこの王宮も、きっと贅を尽くしてるんだろうなとワクワクしています。

チケット売り場の列に30分位並びましたが、アコーディオン弾きの音楽が聞こえてきたり、水や日傘の売り子を見ていると退屈はしませんでした。
チケットを予約している人は、専用のレーンがあり、並ばずに入れるようです。
セキュリティチェックを受けたあとチケットを買いますが、長男のリュックサックにタグがつけられました。
どうやらコインロッカーに入れろということかと…
鍵がかからないのでガチャガチャやっていると、1ユーロ入れることを近くにいた人が教えてくれました。
「グラシアス~!(^^)!」

美しすぎる外観…

f:id:meets_the_world:20170922114947j:plainf:id:meets_the_world:20170922114946j:plain

f:id:meets_the_world:20170922114951j:plainf:id:meets_the_world:20170924234049j:plain

王宮の反対外には「アルムデナ大聖堂」があります。
こちらもお美しい~

f:id:meets_the_world:20170922114950j:plainf:id:meets_the_world:20170924234048j:plain

f:id:meets_the_world:20170922114948j:plainf:id:meets_the_world:20170922114949j:plain

王宮の館内は撮影禁止なので、室内の写真はこれだけ。

f:id:meets_the_world:20170922114952j:plain
f:id:meets_the_world:20170922114953j:plain

饗宴の間、王座の間など豪華絢爛で、内装はヴェルサイユ宮殿より豪華なのでは?
これぞ、贅の極みです!
「ド派手」ではない上品さがあるので、ただただウットリ。
学生の頃は世界史に興味なかったけれど、いつの頃からか旅行した場所の歴史を知りたくなってきた私、、、
長男も今はまだ興味なさそうです(-_-;)


王宮を後にして、次は絶対に食べておきたかったもの「チュロス」の老舗のお店に行きます。
【Chocolateria San Gines】
スペイン発祥のチュロスは、ホットチョコレートにつけて食べるそうです。
先に注文をしてから席をとって、レシートを渡すシステムです。
チュロスは軽くあっさりしていて、ホットチョコレートもそんなに甘くないです。
地元の人たちは、粉砂糖をチュロスをふりかけ、チョコにつけて食べていました。
しかし、真夏の暑さでは、チョコが濃厚なので喉が渇く、、、
海外なのでクーラーがガンガンかと思っていましたが、マドリードのタクシーはクーラーがついていないし、お店の中もかすかに涼しい程度です。
このお店はクーラーがよく効いていて快適でした。
有名店なので、ここでは日本人も見かけました。

f:id:meets_the_world:20170922153917j:plain

f:id:meets_the_world:20170922153916j:plain

chocolateriasangines.com

プエルタ・デル・ソルの方へ歩いていると「カンペール」がありました。
セールのスニーカーはサイズがなくて、定価でも日本より安いようでしたがパス。
長男はぴったりのサンダルを見つけ、「ほしいー!」
なんか長男のばっかり買ってるよ(-_-;)
40ユーロでした。お得っ!

カンペールの前にレアル・マドリードのオフィシャルショップがあり、マドリーグッズはすでにお買い物済みですが、一応立ち寄ることにしました。
「そうや、オットのお土産、お土産…」
ユニフォームは高いのでTシャツを!(^^)!
(サッカーファンではないけれど、結構喜んでくれました)

え? 長男が帽子を試着中。
はいはい、普段何も買ってやってないので、いいとも!

スペインでエスパドリーユ買って旅行中に履きたかった私なのに、お店も見つからないよーーー!